武漢 ウイルス 研究 - アメリカが武漢の研究所に資金援助していたことが発覚

ウイルス 研究 武漢 新型コロナウィルスは『日本人大量虐殺』のための生物兵器!?武漢P4現役研 究員の実名告発《後編》

ウイルス 研究 武漢 武漢ウイルス研究所での調査の実態を示す動画、コウモリに咬まれ腫れる様子も

ウイルス 研究 武漢 武漢のウイルス研究所石正麗研究員が亡命?1000もの極秘書類持参か

ウイルス 研究 武漢 「新型コロナウイルスの武漢研究所流出説」を徹底検証 中国の協力得られず確証には至らないが、続出する状況証拠(1/8)

ウイルス 研究 武漢 アメリカが武漢の研究所に資金援助していたことが発覚

hg.palaso.org : 武漢研究員の疾患で新情報、ウイルス発生源の論議再燃も 米報告書

ウイルス 研究 武漢 hg.palaso.org :

ウイルス 研究 武漢 武漢ウイルス研究所での調査の実態を示す動画、コウモリに咬まれ腫れる様子も

ウイルス 研究 武漢 武漢のウイルス研究所石正麗研究員が亡命?1000もの極秘書類持参か

ウイルス 研究 武漢 新型コロナ武漢研究所発生源説に新たな証拠か?米亡命した博士の証言とは?|ニフティニュース

武漢ウイルス研究所

ウイルス 研究 武漢 アメリカが武漢の研究所に資金援助していたことが発覚

もう一つは感染症をはじめとする数々の炎症に対する生体防御反応である代償機転や修復機転、つまり本来は生体を炎症から防御するために体内で産生されるサイトカインやホルモンを中心とした各種化学伝達物質が、生体への侵襲が大きい場合、過剰放出されることによって、単球や好中球および血管内皮細胞が強力に活性化され、活性化好中球が血管内皮細胞を障害して制御不可能な全身性の炎症反応を引き起こし、逆に各臓器に悪影響を与えるためとされています。

最近の世論調査によれば、米国人の58%、民主党支持者の43%が武漢ウイルス研究所流出説を支持しているという(6月4日付ZeroHedge)。

この報告書は現在も機密扱いとなっており、ブリンケン米国務長官は7日、「同報告書の作成に関与したのは一握りの人間にすぎない」と火消しを迫られている。

いまだに明確な打開策は立てられておらず、世界的大流行がいつ終息するかもわかりません。

P3COは、2011年に米ウィスコンシン州とオランダにある研究所がフェレットと呼ばれる小動物の間で効率的に感染するようにH5N1型鳥インフルエンザウイルスを変異させる実験(機能獲得実験)を行っていたことが明らかになり、大問題となったことがきっかけに設立された組織である。

「コウモリ体内から抽出されたコロナウイルスのSタンパクの中のACE2というスイッチを調節すると、すぐに人間に感染することが可能になります。




2021 hg.palaso.org