立ち上がろ うと する 君 に 捧ぐ - すぎもとまさとの歌詞一覧リスト

に 捧ぐ 立ち上がろ する うと 君 宇とか宙とか気のせいだ

小熊秀雄全集

に 捧ぐ 立ち上がろ する うと 君 小熊秀雄全集

宇とか宙とか気のせいだ

に 捧ぐ 立ち上がろ する うと 君 古典通解辞典 上代古典集∥埋もれ木

に 捧ぐ 立ち上がろ する うと 君 立ち上がろ うと

小熊秀雄全集

に 捧ぐ 立ち上がろ する うと 君 すぎもとまさとの歌詞一覧リスト

に 捧ぐ 立ち上がろ する うと 君 古典通解辞典 上代古典集∥埋もれ木

HIPPY 君に捧げる応援歌 歌詞&動画視聴

に 捧ぐ 立ち上がろ する うと 君 立ち上がろ うと

『英名八犬士』(五)

に 捧ぐ 立ち上がろ する うと 君 小熊秀雄全集

『英名八犬士』(五)

に 捧ぐ 立ち上がろ する うと 君 宇とか宙とか気のせいだ

すぎもとまさとの歌詞一覧リスト

に 捧ぐ 立ち上がろ する うと 君 宇とか宙とか気のせいだ

き[城] (名)しろ。

きのつらゆき[紀貫之] (人名)平安時代の歌人。

多くは地方長官としてその地に永住された皇子の方方の姓。

男子ハ犬川額蔵 則任 のりとうと 喚做 よびなしたり。

と 蜜 ひそかに 胸 むねをさだめつゝ瀧田の城におもむきて 祖母 そぼ妙真に今日 逢 あふて今日 別 わかれ 哀歓 あいくわんこも%\なるものから親兵衛 祖父 おばによしを 告 つげて名殘おしくも城を出爰より従 者 びとみなかくし便 宜 ぎの 港口 みなとより出舩して古郷の下総なる市川さして走らしけり。

濁点や振仮名、仮名遣いをはじめとして、異体字等も可能な限り原本通りとした。

「その議に従ふ」 ぎ[技] (名)わざ。

両個 ふたりの 女 むすめハ力次郎尺八郎に 妻 めあわせけり。




2021 hg.palaso.org