細井 敏彦 - 『校門の時計だけが知っている―私の「校門圧死事件」』(細井敏彦)の感想(2レビュー)

敏彦 細井 神戸高塚高校校門圧死事件

敏彦 細井 2007年11月 アーカイブ

敏彦 細井 神戸高塚高校校門圧死事件

敏彦 細井 2007年11月 アーカイブ

敏彦 細井 校門の時計だけが知っている /

校門圧死事件とは?ブラック校則見直しのきっかけになった事件?

敏彦 細井 女子高生校門圧死事件

敏彦 細井 神戸高塚高校校門圧死事件の犯人の教師・細井敏彦の現在!被害者の女子生徒と事件その後も総まとめ

敏彦 細井 神戸高塚高校校門圧死事件の犯人の教師・細井敏彦の現在!被害者の女子生徒と事件その後も総まとめ

校門の時計だけが知っている / 細井 敏彦【著】

敏彦 細井 校門の時計だけが知っている /

敏彦 細井 『校門の時計だけが知っている―私の「校門圧死事件」』(細井敏彦)の感想(2レビュー)

『校門の時計だけが知っている―私の「校門圧死事件」』(細井敏彦)の感想(2レビュー)

弁護団が捜査の疑問点をまとめました。

引用文中などに不適切と思われる用語や表現がある場合でも事件当時の世相を理解してもらうためにそのまま掲載した。

そして気になるのがこの細井敏彦の事件後の現在はどうしているのか?ということについて調べていきます。

このとき、1年生の石田僚子(15歳)が門扉とコンクリートの門柱に挟まれた。

校門を閉めたのは神戸高塚高校で生活指導を担当していた教諭。

細井敏彦の逮捕。

これは学校側による 排除の動きであり、表面だけの面子を保とうとしていたことが分かります。




2021 hg.palaso.org