ベタヒスチン 6mg - ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg「JD」の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

6mg ベタヒスチン ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg「日医工」

ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg「トーワ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

6mg ベタヒスチン ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg「日医工」

6mg ベタヒスチン ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg「TCK」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

6mg ベタヒスチン ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg「日医工」

6mg ベタヒスチン メリスロン(ベタヒスチン)錠の副作用や効果を詳しくご紹介!

メリスロン(ベタヒスチン)錠の副作用や効果を詳しくご紹介!

6mg ベタヒスチン ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg「トーワ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

6mg ベタヒスチン ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg「JD」(東和薬品株式会社)

6mg ベタヒスチン ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg「トーワ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg「TSU」の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

6mg ベタヒスチン メリスロン(ベタヒスチン)の作用機序:めまい治療

ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg「日医工」

6mg ベタヒスチン ベタヒスチンメシル酸塩錠6mg「TCK」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

メリスロン(ベタヒスチン)の作用機序:めまい治療

妊娠中の服用について、薬を服用しないのが当然ながら最も望ましいです。

・褐色細胞腫のある患者さん 褐色細胞腫の患者さんも投与注意です。

ベタヒスチンは、血圧降下作用がありめまい改善に効果があるとされたヒスタミンの構造を変え、口から飲んでも腸で分解されずにめまいの改善に役立つように造られた物質で、ヒスタミンとよく似ています。

通常、メニエール病、メニエール症候群、眩暈(めまい)症に伴うめまい、めまい感の軽減に用いられます。

血流を改善することでめまいに使用されるアデホスコーワ・トリノシン(一般名:アデノシン三リン酸)、カルナクリン(一般名:カリジノゲナーゼ)、ストミンA(一般名:ニコチン酸アミド、パパベリン)、メイロン(一般名:炭酸水素ナトリウム))との飲み合わせも問題ありません。

加1 「一般名処方加算1」 後発医薬品のある全ての医薬品(2品目以上の場合に限る。




2021 hg.palaso.org