袖 ひ ち て むすび し 水 の こ ほれる を 春 立 つけ ふ の 風 や と くらむ - 古今和歌集「袖ひちてむすびし水の~」解説・品詞分解・現代語訳

こ の を と 水 や 春 ふ つけ 立 むすび くらむ の て 風 袖 ほれる ひ ち し 古今和歌集「袖ひちてむすびし水の~」解説・品詞分解・現代語訳

880120京都歳時記[花鳥風月]その一

こ の を と 水 や 春 ふ つけ 立 むすび くらむ の て 風 袖 ほれる ひ ち し 古今和歌集「袖ひちてむすびし水の~」解説・品詞分解・現代語訳

こ の を と 水 や 春 ふ つけ 立 むすび くらむ の て 風 袖 ほれる ひ ち し 880120京都歳時記[花鳥風月]その一

和歌用語シソーラスの開発と用語空間分析に関する基礎研究

こ の を と 水 や 春 ふ つけ 立 むすび くらむ の て 風 袖 ほれる ひ ち し 古今和歌集「袖ひちてむすびし水の~」解説・品詞分解・現代語訳

駆け出し百人一首(39)袖ひちて掬びし水の凍れるを春立つけふの風やとくらむ(紀貫之)|吉田裕子(国語講師)|note

こ の を と 水 や 春 ふ つけ 立 むすび くらむ の て 風 袖 ほれる ひ ち し 古今和歌集(校註國歌大系) 1/4

古今和歌集「袖ひちてむすびし水の~」解説・品詞分解・現代語訳

こ の を と 水 や 春 ふ つけ 立 むすび くらむ の て 風 袖 ほれる ひ ち し 大阪市立岸里小学校

こ の を と 水 や 春 ふ つけ 立 むすび くらむ の て 風 袖 ほれる ひ ち し 駆け出し百人一首(39)袖ひちて掬びし水の凍れるを春立つけふの風やとくらむ(紀貫之)|吉田裕子(国語講師)|note

大阪市立岸里小学校

こ の を と 水 や 春 ふ つけ 立 むすび くらむ の て 風 袖 ほれる ひ ち し 袖 ひ

古今和歌集の部屋

こ の を と 水 や 春 ふ つけ 立 むすび くらむ の て 風 袖 ほれる ひ ち し 古今和歌集(校註國歌大系) 1/4

こ の を と 水 や 春 ふ つけ 立 むすび くらむ の て 風 袖 ほれる ひ ち し 古今和歌集(校註國歌大系) 1/4

和歌用語シソーラスの開発と用語空間分析に関する基礎研究

【他出】友則集、古今和歌六帖 題しらず ことにいでて言はぬばかりぞ水無瀬川したにかよひて恋しきものを (古今607) 【通釈】言葉に出して言わないだけなのだ。

二十一代集の534年間 二十一代集収録の歌集一覧: 歌数は新編国歌大観による No. 雖 下貴兼 2相將 1富餘 中金錢 上、而骨未 レ腐 2於土中 1名先滅 2於世上 1。

「しづ」は静か・沈む・鎮め・雫などのシヅと同根。

名所落花 (八二) 櫻花うつろふ時はみ 吉野 ( よしの )の 山下風 ( やましたかぜ )に雪ぞ降りける 花 似 雪 類從本には「花雪に似たるといふ事を」とあり。

(三〇九) もみぢ葉は道もなきまで散りしきぬわが宿をとふ人しなければ 第三句、原本に「散りしき て」とあり。

おそらくこの年、古今集撰者に任命されたが、まもなく病を得て死去したらしい。




2021 hg.palaso.org