しゅ が ー る - 斉藤朱夏

ー しゅ る が 斉藤朱夏

ー しゅ る が しゅー

ー しゅ る が しゅー

ー しゅ る が 超、リモートねもしゅー

ー しゅ る が 超、リモートねもしゅー

超、リモートねもしゅー

ー しゅ る が 斉藤朱夏

ー しゅ る が 超、リモートねもしゅー

しゅー

ー しゅ る が 超、リモートねもしゅー

超、リモートねもしゅー

ー しゅ る が しゅー

ー しゅ る が 斉藤朱夏

しゅー

小学校時代に学級委員長や器楽クラブの部長を、中学校時代に合唱コンクールでの指揮者を務めるなど、「人前に立ち、目立つポジションに身を置くこと」「みんなを笑顔にすること」「何かに一生懸命取り組むこと」が好きな子どもであったという。

また、自身にとっての「渡辺曜」の存在については「パートナーであり、我が子のような存在」 「生涯を共にするレベルの存在。

(2017年4月27日-)• 3月、ダンスチャンネル「ハロプロダンス学園」でナレーションに初挑戦。

2018年1月のインタビューでは、「(曜ちゃんに)なりきるというか、Aqoursとして活動しているときは、自分の中では『渡辺曜』なんです。

』のオーディションに受かったことで、いつの間にか気が付いたら声優になっていた」 という。

23、91頁-93頁。




2021 hg.palaso.org