このまま 君 を 連れ て 行く と - 風味堂 メリークリスマス、、、。 歌詞

を て 君 行く と このまま 連れ 新宝島

ザ・ハイロウズ 日曜日よりの使者 歌詞

を て 君 行く と このまま 連れ 新宝島 サカナクション

を て 君 行く と このまま 連れ 新宝島 サカナクション

ザ・ハイロウズ 日曜日よりの使者 歌詞

を て 君 行く と このまま 連れ 新宝島

日曜日よりの使者 THE HIGH

を て 君 行く と このまま 連れ ザ・ハイロウズ 日曜日よりの使者

を て 君 行く と このまま 連れ ザ・ハイロウズ 日曜日よりの使者

を て 君 行く と このまま 連れ 新宝島

を て 君 行く と このまま 連れ 風味堂 メリークリスマス、、、。

を て 君 行く と このまま 連れ ザ・ハイロウズ 日曜日よりの使者

ザ・ハイロウズ 日曜日よりの使者 歌詞

を て 君 行く と このまま 連れ 風味堂 メリークリスマス、、、。

THE HIGH-LOWSさん『日曜日よりの使者』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

このまま どこか遠く 連れてってくれないか 君は 君こそは 日曜日よりの使者 Sha la la… このまま どこか遠く 連れてってくれないか 君は 君こそは 日曜日よりの使者 たとえば 世界中が どしゃ降りの雨だろうと ゲラゲラ 笑える 日曜日よりの使者 Sha la la… きのうの夜に飲んだ グラスに飛び込んで 浮き輪を浮かべた 日曜日よりの使者 適当な嘘をついて その場を切り抜けて 誰一人 傷つけない 日曜日よりの使者 流れ星が たどり着いたのは 悲しみが沈む 西の空 そして東から昇ってくるものを 迎えに行くんだろ 日曜日よりの使者 このまま どこか遠く 連れてってくれないか 君は 君こそは 日曜日よりの使者 たとえばこの街が 僕を欲しがっても 今すぐ出かけよう 日曜日よりの使者 流れ星が たどり着いたのは 悲しみが沈む 西の空 そして東から昇ってくるものを 迎えに行くんだろ 日曜日よりの使者 Sha la la…. 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。

All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

サカナクションさん『新宝島』の歌詞 シンタカラジマ words by ヤマグチイチロウ music by ヤマグチイチロウ Performed by サカナクション. Oh 晴れの日 君乗せて行く 過去も 海も 山も 街も 全部越えて 車で通り過ぎてく 今日から明日へと 二人変わらぬままで ずっと笑顔のままで ずっと変わらぬままで 緩やかなカーブを 風を切り曲がって行く 流れ続けてる景色が 二人を包んで行く 穏やかな陽気と 機嫌の良い君と 思い出の場所も 今日だけは通り過ぎる 嗚呼 風が気持ちが良い 迷い込む空気も 匂いが良い 気まま気長に 抜ける力 ドライブ楽しい となり 君なら ただ続く 道ひたすら進む たわいない 会話に頬緩む さぁ何処へ行こう 何処までも見よう 気の向くままに行くのが理想 ドライブ大抵 行き先は未定 できるなら君と また来たいね だって 薄れたら 思い出はまた作れる 今日この日二人 走り続ける 吹かすアクセル 景色集める あなたはただ俺に 身を預ける 盛り上がる程 早く時が経つ 君とドライブ また走り出す Oh 晴れの日 君乗せて行く 過去も 海も 山も 街も 全部越えて 車で通り過ぎてく 今日から明日へと 二人変わらぬままで ずっと笑顔のままで ずっと変わらぬままで 晴れ渡り 青く広がる空の下 柔らかい日差し浴び 走り出した 君の元 向かう頃 窓の外響く この風の音 行き先は未定 あてもなくて 今日は二人でただ走りたくて この助手席は君のため サイドミラー映る景色は流れ 見慣れた街を抜ければ見える あの海の風には心が癒える 長いトンネル 抜け出て見える 光る水面 照らす横顔 微笑む君に僕はとろける 見てるだけで笑顔がこぼれる ここから 今から 何処までも行ける 二人はこのまま走り続ける 緩やかなカーブを 風を切り曲がって行く あてのない道が いつまでも語りかける 穏やかな陽気と 機嫌の良い君と 僕の目に映る景色に 君が重なってく Uh 内容が無いような話に 笑ってる 君を横目に見て 僕は気付かないフリをする 青い空高く 昇る陽照らす まだ見ぬ街に 思いを描く 疲れ忘れ 踏むアクセル 高鳴る胸 君への想い溢れる とばせ とばせ ほら 手をのばせ 吹き抜ける風感じて あの空へ できるなら ずっとこのままで 作る思い出 また ここからで 二人で描いた道を 今走り出し 思い描いてた場所へと 何処までも 進んでく 遠くへ 晴れの日 君乗せて行く 過去も 海も 山も 街も 全部越えて 車で通り過ぎてく 今日から明日へと Oh 晴れの日 君乗せて行く 過去も 海も 山も 街も 全部越えて 車で通り過ぎてく 今日から明日へと 二人変わらぬままで ただひたすら 走り抜ける道も 行き先 あてもなしに行ける 君と 風に吹かれ 光に包まれ 流れる白い雲 追いかけ 窓の外 見える景色 風景 できるなら 二人 ずっと 遊泳 思いを乗せ この時を越え 君とドライブ 走り続ける.。

THE HIGH-LOWSさん『日曜日よりの使者』の歌詞 ニチヨウビヨリノシシャ words by コウモトヒロト music by コウモトヒロト Performed by ザハイロウズ. 試聴する KKBOXを起動 新宝島 作詞:Ichiro Yamaguchi 作曲:Ichiro Yamaguchi 次と その次と その次と線を引き続けた 次の目的地を目的地を描くんだ 宝島 このまま君を連れて行くと 丁寧 丁寧 丁寧に描くと 揺れたり震えたりした線で 丁寧 丁寧 丁寧に描く と決めていたよ 次も その次も その次もまだ目的地じゃない 夢の景色を景色を探すんだ 宝島 このまま君を連れて行くと 丁寧 丁寧 丁寧に歌うと 揺れたり震えたりしたって 丁寧 丁寧 丁寧に歌う と決めてたけど このまま君を連れて行くよ 丁寧 丁寧 丁寧に描くよ 揺れたり震えたりしたって 丁寧 丁寧 丁寧に歌うよ それでも君を連れて行くよ 揺れたり震えたりした線で 描くよ 君の歌を. サカナクションさん『新宝島』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。




2021 hg.palaso.org